30代以降のお肌の黒ずみはケアが必須

30代以降のお肌の黒ずみはケアが必須

 

 

年齢を追うごとに、どんどん肌の乾燥が進行してしまいます。

 

肌内部の栄養成分が減少してしまうので、乾燥も悪化するのでしょう。

 

 

特に気にして置くべき部分が、ワキです。

 

30代を過ぎて脇を出さなくなった人でも、Tシャツを着る機会はあると思います。

 

Tシャツからでも脇は十分見えますし、黒ずみは目立ってしまうでしょう。

 

 

30代以降だからこそ、丁寧なケアが必要なのです。

 

 

そこでおすすめしたいのが、アットベリーです。

 

アットベリーは、脇の黒ずみ専用のクリームです。

 

脇の黒ずみをケアするために作られた製品なので、他の商品よりも高い黒ずみ改善効果を実感することが出来るでしょう。

 

 

保湿効果にすぐれ、肌の奥深くまで成分が浸透するのでどんどん潤いが満ち、黒ずみの出来にくい、ダメージを受けにくい肌質に近づいていきます。

 

 

アットベリーだけで、コラーゲンやセラミド、エラスチンやヒアルロン酸、トレハロースやプラセンタ、フラボノイドなどたくさんの成分を補給することが出来ます。

 

 

気になる黒ずみを改善したいならアットベリー!

 

30代以降の乾燥しやすい素肌にもすっと馴染んでどんどん保湿をするので、美しい脇を簡単に維持することが出来るのではないでしょうか。

 

 

30代以降の女性に肌トラブルが増える理由

 

女性は30代に突入すると「お肌の曲がり角」などと言われますね。

 

そのぐらい30代位以降はお肌のトラブルが多くなると言われているのです。

 

ではなぜ30代以降に多くなってしまうのでしょうか。

 

まず30代を過ぎると私生活も忙しくなってきますし、女性ホルモンにも変化が訪れます。

 

ですのでストレスからくるホルモンバランスの乱れなども原因で肌荒れが起きやすくなってしまうのです。

 

また肌の潤いも徐々に減少傾向にあるため、乾燥肌になっていきます。

 

乾燥肌になってしまうことで感想を防ぐために肌が脂分の分泌量を増やします。

 

脂分が増えると毛穴に脂質が詰まってしまい、ニキビの原因にもなってしまいます。

 

他にも代謝が衰えてくるので肌の生まれ変わりが促されず古い角質が溜まり、それが原因となって肌荒れが起きる場合もあるのです。

 

このように30代以降は20代とは全く違って肌へのケアもより良いものへ変えていかなければならないのです。

 

ストレスによる場合の肌荒れにはストレス解消でしか治せない場合もあるのです。

 

化粧水や乳液を変えるだけではなく普段の生活にも注意して、できるだけ内側からのケアも取り入れるようにして30代以降の肌荒れ対策を意識しておきましょう。

 

 

黒ずみを作らないケア方法

 

背中

 

肌の黒ずみは刺激によって起こるものです。

 

カミソリなどで脱毛をしたり、下着などが擦れても黒ずみになってしまいます。

 

肌に刺激が与えられてしまうと保護しようとする働きによりメラニンが生成されます。

 

また代謝が進まなかったり肌荒れや乾燥が起きていることなどでメラニンが残ってしまい色素沈着となり黒ずみになってしまいます。

 

黒ずみを作らないようにするためにはまず代謝を促し保湿することが大切です。

 

肌の代謝が順調に進むことで古い角質が剥がれ落ちていきます。

 

それによりメラニンが残った角質も取れて黒ずみになることがなくなります。

 

また乾燥も黒ずみの原因になってしまうので注意が必要です。

 

乾燥することで肌がバリア機能を十分に発揮できず黒ずみを起こしてしまうので、できるだけ保湿を心がけるようにしましょう。

 

また体内からも保湿ができる・代謝を促すような食品を取り入れるようにススと良いでしょう。

 

乾燥肌は肌荒れも起こしやすくそのために炎症後の黒ずみもできてしまう場合があります。

 

また肌荒れは顔だけでなく背中や脇やデリケートゾーンのどこでも起きてしまいます。

 

→背中のケア

 

どの部位も敏感な部分なのでしっかり保湿し、刺激を与えないように心がけていきましょう。

 

 

黒ずみケアに効果抜群!