カミソリ負けしやすい方の黒ずみ対処法

カミソリ負けしやすい方の黒ずみ対処法

 

カミソリ負けで黒ずみ

カミソリ負けをすると、どんどん肌に負担がかかり、摩擦が生じ、黒ずみや炎症が起こってしまうでしょう。

 

カミソリ負けにはさまざまな理由があります。
まずは、カミソリ負けしやすいかどうかのチェックをしてみましょう。

 

剃刀の刃が古いと、カミソリ負けし易い状態になってしまいます。
肌が強い人や普段はあれない人でも、雑菌がついていたり錆びている剃刀を使うとカミソリ負けが起こる場合が多いでしょう。

 

定期的に剃刀は新しいものに取り換えて下さい。

 

剃刀前に、シェービング用のジェルやクリームを使うことも大切です。
肌をしっかりと保護しなければ、カミソリ負けをしやすい状態となってしまいます。

 

カミソリ後にケアをしなくても、カミソリ負けしてしまいます。
清潔に保たなければ、雑菌が入ってしまいがちなのです。

 

剃刀後にもきちんとケアをするようにしましょう。

 

何度も同じ部位を剃ったり、逆反りをしても駄目です。

 

また、自分自身の健康状態が原因でカミソリ負けしてしまう場合もあります。
生理中や風邪気味、寝不足の時は、肌のコンディションが悪くカミソリ負けしやすい時期と言えるでしょう。
ビタミンミネラルが足りない時も、注意が必要です。

 

これらを改善し、カミソリに負けないようにしましょう。

 

石鹸を塗ってから剃る人が多いが・・・

 

ムダ毛を処理する時みなさんはどのような状態で処理をしているのでしょうか。

 

一番多いのはお風呂場で体を洗っているついでなどでしょう。

 

ムダ毛の処理で多く利用されているのがカミソリなどのシェービング用品ですが、使用する際にはそのままの肌の状態では傷がついてしまうためボディーソープと一緒に使用される方も多いでしょう。

 

ただ滑りが良くなるので抵抗がなくなり肌への負担も少なくなるのですが、しっかり泡をつけて使用しなければカミソリ負けしてしまいます。

 

石鹸は肌に負担がかからないようにするための潤滑剤です。

 

きちんとあわ立てて滑りよくしておかないと肌の薄い皮膚が削がれてしまってその後黒ずんでしまいますし、最悪怪我をしてしまう場合もあります。

 

できれば石鹸でも良いのですが、専用のクリームやフォームなどを使用する方が良いでしょう。

 

また乾燥した肌に使用すると見えない薄い皮膚がカミソリで傷ついてしまいます。

 

これも後々黒ずみなどの原因になってしまうので剃るときはまず石鹸を塗る前に、部位を水に濡らしてしっとりさせてからたっぷりのフォームを一緒に使用するようにしましょう。

 

丁寧にカミソリを使用すればカミソリ負けや怪我の心配もいりませんね。

 

カミソリ使用の際にはこれらに注意して処理をしましょう。

 

お風呂で剃る時におすすめの方法

 

風呂

 

カミソリは基本的にみなさんどこで使用されていますか。

 

やはり一番多いのはお風呂ではないでしょうか。

 

お風呂で使用する際には体を洗っている時などでしょう。

 

その時にも十分注意してからカミソリを使用しなくてはなりません。

 

カミソリは見えない皮膚をこそぎ落としてしまいます。

 

だからこそしっかりとあわ立ててたソープなどを使用しなくてはなりません。

 

またお風呂場という環境も利用しましょう。

 

肌が乾燥した状態でのカミソリの使用は怪我をしてしまうので危険です。

 

なめらかに肌を滑らせるためにも、水で濡らしてから石鹸や専用フォームをつけてから剃るようにしましょう。

 

また剃る時には必ず剃る部位が洗い終わってからにしておきましょう。

 

剃る部位が不衛生な状態だと怪我をした時に傷口に雑菌が入ってしまう可能性があります。

 

また洗い終わった後の皮膚はお湯に触れているので柔らかみもあり、怪我をしにくい状態でもあります。

 

一番のオススメ方法は湯船でしっかり温まって肌を柔らかくし、清潔にした後に剃ることです。

 

ささっと剃ってしまいたくなるかもしれませんが、できるだけゆっくりと剃るようにしましょう。

 

丁寧に行うことで綺麗な仕上がりにもなります。

 

またそり終わりには必ずアフターケアも忘れないようにしましょう。

 

 

黒ずみケアに効果抜群!