黒ずみ対策にステロイドは有効ですが・・

黒ずみ対策にステロイドは有効ですが・・

 

肌の黒ずみとステロイド

 

皮膚疾患の治療薬といえば、ステロイドが有名ですよね。

 

アトピーなど、さまざまな皮膚疾患に使われてきています。

 

 

しかし、ステロイドの使用を続けた人が黒い色素沈着が出来てしまった、という説もあるといわれています。

 

ステロイドを塗りつづけた箇所に、ステロイド焼け、薬焼けなるものが出来ることはまれにあるのです。

 

 

これは、ステロイドだけが原因ではありません。

 

ステロイドを塗り続けている部位は、皮膚疾患が酷い部位でしょう。

 

確かにステロイドを塗り続ける事により起こる症状なのでステロイドが原因だと考えがちですが、皮膚の炎症による色素沈着が原因の場合がほとんどです。

 

 

また、ステロイドを塗るときは皮膚を摩擦してしまうでしょう。

 

そのせいで色素沈着は悪化し、ステロイドを塗るのをやめると皮膚を擦る事もなくなるので改善する場合もあります。

 

 

人によっては、ステロイドを塗ったさまざまな部分に色素沈着が出来てしまう場合があります。

 

ステロイドだけが原因とはいえませんが、気になってしまいますよね。

 

 

気になる色素沈着や黒ずみを改善したい場合は、美肌効果や黒ずみ改善効果のあるクリームを塗るようにすれば、改善も早くなるのではないでしょうか。

 

保湿し、美肌成分を補給することで少しずつ薄くなっていくでしょう。

 

なるべくステロイド剤を使わない生活

 

ステロイド

 

アトピーの治療で使用されるステロイド剤は効果が期待できるものですが、あまりにも強い薬なので使用にも注意が必要な場合があります。

 

ステロイド剤は副作用が懸念される場合がありますが、根本から治さなければならない場合には使わざるを得ません。

 

途中でやめてしまうことで炎症が再発してしまう可能性もあるのです。

 

ただそうでない場合の炎症では極力ステロイドに頼らない方が良いでしょう。

 

ステロイドを使用することで皮膚が薄くなり血管が浮き出て見えるようになってしまいます。

 

薄くなった皮膚は弱くなってしまう場合もあるので、別の炎症を起こしてしまう可能性も出てくるかもしれません。

 

またステロイドで皮膚が黒ずむと言われていますが、直接的には関係がありません。

 

黒ずみは皮膚の乾燥やかきむしりなどが原因となるので、ステロイドを使用するだけではなく保湿も十分にしなくてはなりません。

 

またステロイド剤は使用を続けることで感染症に弱くなると言われています。

 

細菌やウイルスに負けてしまうと、さらなる炎症で苦しんでしまうことになってしまいます。

 

しっかりと治さなくてはならない炎症はステロイドをしっかりと使用し、それ以外ではステロイドに頼らず自分の治癒力を高めるように体をつくりましょう。

 

 

 

黒ずみケアに効果抜群!