お肌の黒ずみ対策は低刺激のものが条件

お肌の黒ずみ対策は低刺激のものが条件

 

 

女性にとってお肌の黒ずみはとても嫌なもの。

 

お肌の黒ずみ対策に力を入れている人も多いのではないでしょうか?

 

ワキの黒ずみに効果的な商品もあるので、使っている人も多いようです。

 

 

さりげなく腕を上げたときに見えるワキの黒ずみ。

 

意外と他人から見えているので、気を付けなくてはいけません。

 

芸能人のようにつるつるのワキに憧れますよね。

 

 

そのワキの黒ずみを気にするあまり、いろいろなお肌の黒ずみ対策をしている人もいますが、

 

お肌の黒ずみ対策には低刺激のものが効果的です。

 

 

弱った肌に刺激の強い黒ずみ対策をしても、逆効果になるので注意しなくてはいけません。

 

お肌の黒ずみ対策は、毎日継続して行う必要があるので、刺激の少ない肌に優しい物を選ぶようにしましょう。

 

 

肌の黒ずみの原因は、外からの刺激によるものがほとんどです。

 

間違った毛の自己処理や摩擦、紫外線などが原因でメラニン色素が蓄積されます。

 

そのメラニン色素の蓄積が肌の黒ずみとなって残ってしまうのです。

 

 

また、肌が敏感な人は肌荒れが原因になって黒ずみが残ることも多いようです。

 

そういうことからも、お肌の黒ずみ対策は刺激の少ない商品を選んで、

 

毎日続けることが、黒ずみのないすべすべの素肌を手に入れる近道です。

 

敏感肌の人は肌が黒ずみやすい

 

敏感肌の方は肌が乾燥しがちな場合も多いでしょう。

 

肌が乾燥してしまうと肌のバリア機能が低下してしまいます。

 

そのためちょっとした刺激でも炎症を起こしてしまうのです。

 

炎症が起きることにより肌が刺激を受けたと感じメラニンを生成するため黒ずみができやすくなってしまいます。

 

他にも炎症だけでなく日焼けの後も敏感肌の方は注意が必要です。

 

日焼けは肌が火傷をした状態と同じです。

 

そのためメラニンが生成されるのでシミとなり後に残ってしまいます。

 

敏感であるということからもともと肌のバリア機能が低い場合もあるのでどんな刺激にも注意が必要となるでしょう。

 

そうなると敏感肌の方が必要なのは保湿です。

 

保湿によってバリア機能を高めて刺激から守れるようにすると良いでしょう。

 

またできてしまった炎症もできるだけ触らないように注意して、とにかく早く治せるようにしましょう。

 

黒ずみには保湿が一番の武器となります。

 

ただ自分に合っていない保湿剤や化粧品も刺激の原因となり黒ずみを作ってしまうことになってしまいます。

 

流行りの化粧品にも惹かれるものがあるかもしれませんが、そういったものではなく敏感肌が使用できる化粧品を選びたいですね。

 

まずは乾燥させないように注意しつつ、自分に合った化粧品を使用するようにしましょう。

 

 

アトピーの色素沈着解消法

 

アトピーの方が痒み以外で悩まされているのが色素沈着や黒ずみです。

 

これはアトピーの方はどうしても起きてしまうものなので仕方がないものでもありますが、できるだけ目立たせたくはないですよね。

 

ただアトピーによる色素沈着などはアトピーの炎症を抑えなくては止めることはできません。

 

まずアトピーはとても乾燥しているため肌の保護バリア機能が低下しています。

 

そして痒みも強いため掻きむしってしまいます。

 

そうなってしまうと肌が強い刺激によりメラニン色素を生成し沈着させてしまうのです。

 

また乾燥などにより肌のターンオーバーも遅れがちになりさらにメラニンが肌の奥に取り残されてしまうのです。

 

このように常に黒ずみと戦わなければならないアトピーの色素沈着解消法は、まずアトピーの炎症を抑える必要があります。

 

そして保湿も重要となるでしょう。

 

保湿をして掻かなくなることで肌もターンオーバーを進めやすくなり、メラニンを含んだ角質も剥がれていくでしょう。

 

肌が弱くなければレーザーでの治療やピーリングなどで解消できる場合もありますが、ハイドロキノンやビタミンCなどが含まれたクリームで解消できる場合もあります。

 

まずは保湿から始めて肌のバリア機能を高めていくようにしましょう。

 

 

 

黒ずみケアに効果抜群!