肌の黒ずみに年齢は関係ない

肌の黒ずみに年齢は関係ない

 

黒ずみ 年齢

 

肌の黒ずみは年齢によるもの、と思っていませんか。
そんなことはありません。
10代でも、肌に負担がかかるような生活をしていればどんどん黒ずみが悪化してしまいます。

 

黒ずみの主な原因は、肌の皮脂だといわれています。
皮脂量が多く過ぎても少なすぎても、黒ずみが生じてしまうでしょう。

 

特に多いのが、ワキの黒ずみです。
脇の黒ずみは、10代20代の方でも起こりやすい症状です。
なぜなら、若い頃は間違った脇のケアをしがちだかでしょう。

 

女性であれば、10代半ばくらいから脇の無駄毛が気になってくるはずです。
剃刀や毛抜きなど、さまざまな方法で処理をするでしょう。

 

しかし、これらの方法は間違った方法で処理しがちなのです。
剃刀は肌に負担がかかってしまいますし、毛抜きも埋没毛が起きやすいのです。
どちらも肌に負担が掛かる方法なので、黒ずみになりやすいといわれています。

 

他にも洋服の摩擦やこすれ等が原因で黒ずみは出てきます。

 

若い方が確かに黒ずみは出来にくいですが、10代でも十分黒ずみが出来る可能性はあります。
長年蓄積された黒ずみは、どんどん落ちにくい状態となってしまうでしょう。

 

出来るだけ若いうちからケアをすることをおすすめします。

 

子供の肌でも黒ずみはできる

 

子供はとても活発に動くので怪我も多かったりしますよね。

 

怪我の中には切ったりする以外に、室内で床に擦れたりなどもあるでしょう。

 

特に膝や肘は気がつかないうちに黒くなっている可能性もあります。

 

新陳代謝が良いからといっても頻繁に肌が擦れてしまうと、子供でも黒ずみができてしまうのです。

 

黒ずみは肌が擦れたり圧迫されることで刺激を受けて、メラニンが生成されるために起こります。

 

できるだけ擦れないように気を使うというのは子供では難しいでしょう。

 

特に遊んでいるときはそんなことも気にならないぐらい、遊びに集中してしまっています。

 

予防するのであればサポーターなどを使用しなければなりません。

 

また肌が痒くて掻きむしってしまう場合なども黒ずみになりやすいので気をつけた方が良いでしょう。

 

他にも大人と同じように下着がキツイ場合にもゴムが擦れて黒ずみができます。

 

他にも乾燥などが原因で靴下だけでも黒ずんでしまうことがあります。

 

子供は意外と乾燥しやすい肌なのでしっかり保湿もしてあげた方が良いでしょう。

 

肌の黒ずみは大人だけかと思いがちですが、子供でも黒ずみは起きてしまうものです。

 

自分ではケアできないので大人が率先して肌チェックして、保湿などのケアもしてあげましょう。

 

アトピーと黒ずみの関係

 

アトピーと黒ずみは切っても切り離せない関係です。

 

なぜならアトピーになってしまうことで肌も乾燥しがちになり肌のバリア機能も低くなってしまうからなのです。

 

そうなるとかゆみも増してひどく掻きむしってしまい、掻いた部分が黒ずんでしまうのです。

 

また赤く炎症が起きてしまった部分も黒ずみになりやすくなっています。
ちょっとでも掻いてしまうとすぐに黒ずんでしまうので、できるだけ掻かないようにしなければなりません。

 

ただアトピーの痒みは相当な強さがあります。

 

掻いてはいけないことがわかっていてもどうしてもやめられないのがアトピーの症状の一つでもあります。

 

できるだけ炎症や痒みを抑えられるように皮膚科で治療しなければならないのです。

 

特に子供の頃からアトピーにかかってしまっている場合には黒ずみが見られる場合が多いですね。

 

子供だからといっても子供の時の方が意外と黒ずみやすいので難しいでしょうが掻きむしらないようにしてあげましょう。

 

また黒ずみができていると思ったときはその部分を特にケアするようにしましょう。

 

保湿ケアだけでも黒ずみが改善される場合もあります。

 

まずは病院で黒ずみについても相談しながら治療していきましょう。

 

 

黒ずみケアに効果抜群!