皮膚の乾燥も黒ずみの原因

皮膚の乾燥も黒ずみの原因

 

お肌の黒ずみ対策を毎日のスキンケアにしている人は多いと思います。

 

何もしないでいると、ワキの黒ずみや体のいろいろなところに黒ずみは発生してしまいます。

 

この黒ずみは、女性にとってとても嫌なものでそれが原因で露出を避けたり、
人前に出ることも恥ずかしいという人がいるくらいです。

 

 

この体の黒ずみは、さまざまな原因があるのですが、意外なことが原因になっているかもしれません。
→黒ずみ解消法
もちろん、紫外線や摩擦の影響もありますが、実はあまり知られていない皮膚の乾燥も黒ずみの原因になるのです。

 

脇の黒ずみ 肌の乾燥

 

皮膚の乾燥に悩んでいる人は多いようで、特に冬はカサカサしてしまいます。

 

冬は、お肌の黒ずみ対策をしていな人も多いようですが、

 

冬こそ油断せずにお肌の黒ずみ対策をしなくてはいけません。

 

 

なぜ皮膚の乾燥が黒ずみの原因になってしまうのか。

 

皮膚が乾燥するとかゆみが強くなります。

 

なるべく掻かないように心掛けていても、寝ている間に掻きむしってしまうことがあるのです。

 

それを繰り替えずことによって、肌はダメージを受けてしまい、黒ずんでしまう場合があるのです。

 

 

そのことからも、肌の乾燥を防ぐとともに、冬でもお肌の黒ずみ対策は大切なスキンケアだといえるのです。

 

肌の乾燥を防ぎしっとり保つ方法

 

肌は放っておくと知らず知らずのうちに乾燥してしまいます。

 

放っておくと黒ずみの原因にもなってしまうので注意しましょう。

 

肌には水分を保つために脂分を排出する働きがあります。

 

水分の保湿コントロールができなくなってしまうと、さらに脂っぽくなってしまうので保湿を意識すると良いでしょう。

 

保湿をするためには乳液やクリームなどで水分が逃げてしまわないようにカバーしましょう。

 

お風呂上がりだけでなく朝も意外と乾燥しています。

 

お風呂

 

全身に使用することができる保湿クリームを乾燥が気になる時には常に使用すると良いですね。

 

そしてお風呂でも注意が必要です。

 

まずは洗いすぎないことと湯船に浸かる時も時間をかけすぎないこと。

 

時間がかかった場合は念入りにお風呂上がりに保湿クリームで保護しましょう。

 

また洗いすぎは必要な脂分まで洗い流してしまうことになります。

 

いくら保湿クリームを塗ったからといっても、常に乾燥を招く状態はお肌に刺激を与えてしまうのでよくありません。

 

たっぷりの泡で優しく洗うようにしましょう。

 

長く湯船に浸かる場合にも入浴剤などで保湿ケアを行うと良いでしょう。

 

乾燥はお肌の黒ずみを促してしまうこともあるので、できるだけ保湿を意識しましょう。

 

肌の乾燥に効果的な食べ物

 

肌の乾燥には保湿が重要です。

 

肌の乾燥予防にはクリームなどだけではなく食べ物でも保湿効果が期待できるものもあるのです。

 

肌の保湿にはタンパク質やビタミン類の栄養素が含まれる食べ物が効果的です。

 

まず手軽にとれる食べ物では卵です。

 

卵にはタンパク質も含まれていますし、ビタミンAやビオチンも含まれています。

 

ビオチンには肌を健康に保つ働きもあるので保湿にもさらに効果が期待できるでしょう。

 

そして次に納豆です。

 

好き嫌いも多い納豆なのですがタンパク質も豊富ですしビタミンB2など肌の代謝を高めてくれて肌荒れの改善にも期待ができます。

 

他にも牛乳やチーズ・ヨーグルトも肌の保湿機能が高まると言われています。

 

タンパク質や脂質がバランスよく含まれているので、保湿にはぴったりの食べ物ですね。

 

さらに1日にこの3種類のどれかを3回どれでも良いので摂取するとより保湿効果も高まると言われているのです。

 

このように食べ物でもしっかり保湿を内側からすることもできるので、外からだけではなく両方で保湿効果を高めていきたいですね。

 

内側から保湿力を高めていくことでも、外での保湿もより効果的になるでしょう。

 

これらの食べ物であれば日常でも取り入れやすいので、1日に一つでも取り入れるようにしていきましょう。

 

 

 

黒ずみケアに効果抜群!