肘や膝の黒ずみも改善できる

肘や膝の黒ずみも改善できる

 

赤ちゃんの膝や肘を見るとよくわかりますが、生まれた時は膝や肘はとても綺麗な色をしています。
しかし、年齢を追うごとにどんどん摩擦が生じ、刺激や圧力が加わり、皮膚を守るためにどんどん角質が分厚くなってしまうでしょう。

 

これが蓄積していると、黒ずみが色素沈着となりなかなか落ちない状態になってしまいます。

 

こんな方法も→ハイドロキノンで黒ずみ解消

 

肘や膝は、水分量も皮脂量も少ない部分です。
そのため少しの刺激でもダメージを受けやすいでしょう。
また、生活習慣によってもダメージが増えてしまう部位です。

 

しかし、膝や肘の黒ずみは改善が可能です。
赤ちゃんのような、とまではいきませんが、柔らかく触り心地の良い肌を取り戻すことは可能でしょう。

 

それには日々の努力が必要です。
まず、黒ずみが悪化するような生活習慣は避けて下さい。

 

頬杖をついたり、何気ない生活習慣が黒ずみを悪化させています。
出来るだけ膝と肘に負担がかからない生活を心掛けましょう。

 

湯船にゆっかりと浸かることも大切です。
お風呂に入ると皮膚が柔らかくなり、角質も柔らかくなります。

 

柔らかくなった角質をマッサージすることで、黒ずみの進行を抑えることができるでしょう。

 

 

黒ずみ改善用のクリームで保湿をすれば、更に効果的です。

 

膝が黒ずみやすい職業

 

肌は刺激を与えると黒ずんでしまいます。

 

そして膝も黒ずみやすい体の部位でもあるのです。

 

保育士

 

特に膝をつく職業の方は黒ずみやすくなってしまうでしょう。

 

膝の黒ずみは主に床との摩擦により肌が刺激を受け黒ずんでしまうというものです。

 

また膝をつく職業では、保育士さんや介護士さんに採寸などで頻繁に膝をついたり着付けをされる方などがあります。

 

目線を落としてお仕事をしなくてはならないので、どうしても膝をついてしまう場合がほとんどでしょう。

 

そのため膝が黒ずんでしまうのです。

 

特に保育士さんは子供と目線を合わせるために膝をつく回数も多くなるでしょう。
1日の大半がその姿勢で過ごすことも多いでしょう。

 

また介護士さんも膝をついてお年寄りのお世話をする場合もあります。

 

床にこすらなかったとしても膝が床に当たるだけでも肌には刺激になる場合もあるのです。

 

回数が多ければ多いほど、黒ずみになっていくでしょう。

 

また体操の選手や柔道の選手など床に膝をつく場面が多いスポーツ選手にも膝の黒ずみが見られる場合があります。

 

職業柄どうしても避けられない膝の黒ずみ、膝をつかないということは難しいので仕方がないものでもありますが悩ましいものでもあるでしょう。

 

 

予防方法

 

膝の黒ずみの原因が職業のせいであっても、膝をつかずに仕事をするということはできません。

 

逆に腰などに負担がかかってしまったり、意識しすぎて仕事に集中できなくなってしまいます。

 

できるだけ気にならない程度に予防していくことで、仕事にも集中できるようになるでしょう。

 

まず一番に膝の黒ずみ予防にはサポーターを使用しましょう。

 

夏場などは暑くて使用できないかもしれませんが、スポーツ選手ナオが使用するようなサポーターであれば夏でも使用することもできるでしょう。

 


たサポーターの裏の膝に直接当たる部分にジェルパッドなどを敷いて、擦れが起きないようにしっかり膝に貼り付けておくと良いでしょう。

 

最近ではジェルパットに美容成分が含まれているものなどもあります。

 

できるだけ膝にかかる擦れや圧迫などの負担を軽減できるようにしていきましょう。

 

また気が付いた時に保湿クリームを塗っておくのも予防になります。

 

膝と床が擦れると火傷のような状態にもなりますし、肌も乾燥してしまいます。

 

その状態で擦れると余計に黒ずんでしまうので、保湿しながら過ごしましょう。

 

次に擦れた時も軽く済む場合があるので保湿は重要です。

 

予防のためにサポーターと保湿クリームで黒ずみのない膝にしましょう。

 

黒ずみケアに効果抜群!