妊娠中の脇の黒ずみについて

妊娠中の脇の黒ずみについて

 

妊娠中の肌の黒ずみ

 

女性にとって脇の黒ずみは本当に大きな悩みではないでしょうか?

 

しかし、普段自分では脇の肌の色までチェックする人は少なく、夏になりいざ腕を出すようなファッションをしてみて初めて気づく人が少なくないようです。

 

だって、鏡に映さない限り脇は自分で確認することができませんよね!

 

 

私が一番驚いたのは妊娠中にいきなり脇の黒ずみが悪化した時です。

 

妊娠中はホルモンの影響で様々な変化が体に起こるとは知っていましたが、まさか突然脇に黒ずみが現れるとは・・・

 

今までと何も変わらない生活をしていても、妊娠中は黒ずみができやすいのできちんとケアをしなくては、産後も残ってしまうかもしれませんよね。

 

 

妊娠中は脇だけではなく胸やお尻、足の付け根付近も黒ずみが目立ち始める人も多く、つい入浴時にゴシゴシこすってしまいがちですが、これが逆効果になってしまいます。

 

黒ずんだ部分をゴシゴシこすると、余計にメラニン色素の生成が活発になってしまうのです。

 

黒ずみと汚れは全く同じではないということなのですね!

 

 

妊娠中は肌が敏感になると言われているので、使うケア用品もきちんと厳選してトラブルにならないように気を付ける必要がありますが、何もしないでいるとあっという間に黒ずみは濃くなってしまいます。

 

そして妊娠中といえば体型の変化も重大な問題ですね。

 

体型の変化でお悩みの方はこちら=産後の体型を戻す方法

 

原因

 

妊娠中に多くの女性が経験する脇の黒ずみは、どのような原因で起こるのでしょうか?

 

普通、肌の黒ずみは衣類や剃刀の摩擦や紫外線の影響でメラニン色素が活発に生成させてしまうことで起こるのですが、妊娠中の原因はそれとは少し異なるようです。

 

 

妊娠中は、お腹の中で赤ちゃんを大きく育てるために必要なホルモンが多くなり、普段のホルモンバランスとは全く違った状態になってしまうのです。

 

そのホルモンがメラニン色素を増やすことで脇の黒ずみを進行させてしまうと言われています。

 

しかし、これは妊娠を継続避けるためには避けることができないので仕方がないと言えばその通りなのですが・・・

 

何もしないとどんどん黒ずみは濃くなり範囲も広がってしまうので、正しいケアをすることで最小限に抑え改善も期待できるようです。

 

諦めずに毎日のケアで何とかしたいですよね!

 

 

妊娠中は、脇の黒ずみだけではなくシミやそばかすも突然現れることもあり、毛深くなったり逆に毛がなくなったり様々な変化があるので、初めての妊娠の場合はとても不安になってしまうのではないでしょうか?

 

ほとんどの場合、産後には徐々に黒ずみが治まってくると言われているので、それほど心配せずにケアを続けましょう!

 

対策

 

妊娠中の肌の黒ずみ

妊娠中の嫌な脇の黒ずみを何とか改善したいと思う人は多いと思うのですが、肌が敏感な時期でもあるので黒ずみに効果があると言われる商品に安易に飛びつくことは危険です。

 

それでは、何もしなくて良いのかと言えばそれも黒ずみを悪化させてしまうことにつながるので何らかのケアは必要なのです。

 

そこでおすすめしたいのが、効果がとても高いのに低刺激で敏感肌でも安心して使用できるアットベリーという黒ずみ専用のジェルなのです。

 

 

妊娠中は体質の変化やつわり、お腹が多くくなることでお肌のケアに時間をかけることができない人が多いと思いますが、このアットベリーはオールインワンなので化粧水、美容液、乳液のすべてが含まれていて時短にもつながります。

 

入浴後の清潔な脇にさっと塗るだけなので、どんなに時間がない人でも面倒くさがりでも毎日の肌ケアに取り入れることができるのです。

 

ジェルなのでべたつきそうなイメージがありますが、塗ってすぐにサラサラのお肌に変わり潤いを閉じ込めたプルプルの肌になります。

 

今まで顔のようには脇の肌の状態を気にせずにいた人も、これを使うと脇の肌ケアと黒ずみ対策はしっかりすると自信が持てるようになると気づくはずです。

 

黒ずみケアに効果抜群!