もし日焼けしてしまったら

もし日焼けしてしまったら

 

紫外線対策をしても日焼けをする場合はあります。
もし日焼けをしてしまったら、その後の対策がとても大切です。

 

 

まず、日焼けをした部分を冷やしましょう。
日焼けは軽度の火傷であり、炎症を起こしている可能性があります。

 

そのため冷たいタオルや氷水を入れたビニール袋で日焼けした部分を冷やす様にして下さい。
ひりひりした感じが消えるまで、冷やし続けましょう。

 

 

次に、化粧水などでたっぷりと水分を補って下さい。
日焼けした部分は乾燥しやすくなっているので、しっかりと水分補給をしなければいけません。

 

タップリと化粧水を使い、水分を補いましょう。

 

 

最後に保湿をして下さい。
乳液で乾燥を防止するように、丁寧に保湿をしましょう。

 

日焼けが酷い場合は、コットンパックなどをすることもおすすめです。
その方がより、水分が肌に浸透します。

 

 

人によっては、日焼けした部分が数日で角質が剥がれる場合があります。
剥がしたくなってしまうかも知れませんが、無理にはがすと赤いムラになってしまうので余りおすすめは出来ません。

 

また、焼き過ぎると皮膚がんになる恐れがあるので、出来るだけ普段から日焼け対策を行うようにして下さい。

 

 

これらは万が一の時の対策であり、普段から紫外線対策をして置くことをおすすめします。

 

黒ずみケアに効果抜群!