日光を見るだけでも日焼けする?

日光を見るだけでも日焼けする?

 

目の日焼け

 

目も日焼けをするって知っていましたか?
実は、日光を見るだけでも日焼けをするのです。

 

でも目には日焼け止めを塗ることはできませんよね。
目が日焼けをするとどうなり、どうすれば対処をすることが出来るのでしょうか。

 

目の日焼けは肌の様に黒くなったり赤くなることはありません。
色に影響は出ませんが、目が充血したり、まぶしさを感じたり、異物感や乾燥を感じるでしょう。
酷い場合は涙が止まらなくなったり目を開けて居られない状態になってしまいます。

 

これは、角膜が炎症を起こしている証です。
目の日焼けは基本的には数時間で発症し数日間で改善しますが、長期間目の日焼けをし続けていると水晶体に紫外線が蓄積されてしまい、水晶体が老化し、白内障など目の病気になる可能性があるのです。

 

また、目が日焼けをすると角膜から紫外線を吸収し、肌が日焼けをしてしまう場合もあります。
いくら日焼け止めを塗っても、目の紫外線対策をしなければ意味がないのです。

 

目の紫外線対策をする為には、UVカットのサングラスや眼鏡、コンタクトレンズを付けるようにしましょう。
これらが無いという人は、帽子などで直接日光を見たり、目に紫外線が入るのを予防するようにして下さい。

 

黒ずみケアに効果抜群!