黒ずみを放置すると皮膚がカチカチに!

肌の黒ずみを放置すると厚くて固い皮膚になる!

 

角質

 

 

できてしまった肌の黒ずみ、気がついていてもケアすることなく放置してしまうと後で後悔することになってしまいます。

 

肌の黒ずみを放置するとどうなるのでしょうか。

 

実は黒ずみを放っておくと、どんどん黒ずんだ部分が硬くなってしまうのです。

 

黒ずみを放っておくとそのまま消えると思う方もいるかもしれません。

 

ですができてしまった黒ずみは消えることはなく、逆に濃くなることはあります。

 

またその部分は黒ずみが濃くなるだけではなく硬くもなってしまうのです。

 

通常皮膚には弾力があるのですが、放置した黒ずみの場合はどこかカサついたような硬さを持ってしまいます。

 

すぐには硬くはならないと思っているかもしれませんが、あまりにも刺激がひどく蓄積されているようであれば硬くなる速度も速くなるでしょう。

 

また硬くなるだけではありません。

 

黒ずんだ部分が厚くなってしまいます。

放っておいただけで、黒ずみが濃くなるのは想像ができるかもしれませんがそれだけではなく硬く厚くなってしまうのです。

 

ここまでになると対処してもすぐには元に戻すことはできません。

 

治るまでにも時間がかかるので、黒ずみを見つけたら放置することはお勧めできません。

 

黒ずみを見つけたら必ずひどくならないようすぐ対処しましょう。

 

 

 

メカニズム

 

 

黒ずみを放置すると黒ずみができた部分の皮膚は硬く厚くなってしまいます。

 

ではどのようなメカニズムで硬く厚くなってしまうのでしょうか。

 

それは黒ずみができる原因なども関係しているのです。

 

何かしらの刺激によって黒ずみができるのですが、その刺激により肌は正常なターンオーバーができなくなってしまいます。

 

正常なターンオーバーができないということは古い角質が残ってしまうのです。

 

そのため柔らかだった皮膚も古い角質で覆われたことにより厚みも出てくるのです。

 

また黒ずみができている部分の肌の水分量は低く、潤いもないため硬くなりやすい状態です。

 

乾燥した時の肌はなんとなく柔らかさがないように感じることもありますよね。

 

黒ずみの部分もその時の状態と同じようになっており、またひどい乾燥状態でもあるのでさらに硬くなっているでしょう。

 

乾燥も放置してしまうとどんどん進むこととなり、手を加えなければ潤うことはありません。

 

そして乾燥も肌のターンオーバーを乱す原因となり、皮膚はどんどん厚くなっていくでしょう。

 

このようにして黒ずみを放置してしまうことで、黒ずんだ部分はどんどん硬く厚くなってしまうのです。

 

早めの対処があればここまでひどくはならず治すこともできるので、見つけた時には放置しないようにしましょう。

 

 

 

一度固くなった皮膚は治らない?

 

 

黒ずみができてしまったことによって肌が硬くなってしまうと、その部分はもう治らなくなってしまうのでしょうか。

治らないような印象もあるかもしれませんが、硬くなってしまったものでもケアをすれば柔らかく戻すことはできるのです。

 

ただそれにはかなりの時間と手間もかかる場合があります。

 

そして続けなければ効果も出ません。

 

この二つを踏まえてまず行わなければならないことが保湿です。

 

硬いということは乾燥している可能性が高い場合があります。

 

乾燥を解消することで肌のターンオーバーも正常に行われるようになるので、古い角質も除去できれば徐々に柔らかさを取り戻すことができるでしょう。

 

どんなものでも乾燥していると硬くなるのと同じく、皮膚も硬くなってしまいます。

 

また乾燥が激しくなると肌のターンオーバーが乱れうまく促進されず古い角質が残ります。

 

そのためちょっとカサカサした厚い皮膚となってしまいます。

 

このターンオーバーを促すのも潤いです。

 

まずは乾燥させないように保湿を続けていくと肌も柔らかくなり古い角質も落ちていきます。

 

続けなければ効果も得られなくなってしまうので、治すためにも継続がとても大切です。

 

また自分では効果が得られないと感じたら皮膚科などに受診し相談して対処するようにしましょう。

 

 

 

 

保湿ケアで予防

 

 

黒ずみを放置すると皮膚が硬くなったり厚みができるようになりますが、そうならないようにするための予防も必要です。

 

ですが予防するためにはどのような方法を行えばよいのでしょうか。

 

まず肌を正常な状態にするには刺激をしないことも大切ですが、肌にとって一番重要なものが保湿です。

 

保湿を怠ればどのような肌でも乾燥が進み肌が硬くなったり様々なトラブルが起きてしまいます。

 

このような状態にならないようにするためにも保湿が必要なのですが、できた黒ずみがひどくならないようにするためにも保湿が重要となるのです。

 

黒ずみができれば肌のターンオーバーは徐々に衰えてしまいますが、ここで保湿をすることによって乱れたターンオーバーも徐々に回復し正常な状態に戻るようになるのです。

 

肌のターンオーバーが正常に行われれば、古い角質も除去され新しく柔らかな皮膚に生まれ変わることができます。

 

色素沈着を起こしていた皮膚も、徐々に浮き上がらせることができるようになれば、白い新しい皮膚も生まれるので黒ずみもゆっくり消えていくでしょう。

 

黒ずみからの皮膚の厚みや硬さを生まないためにも予防ケアとして保湿は重要です。

 

ただ黒ずみ改善にも保湿は効果が期待できるので、予防と改善を兼ねて保湿を続けていくようにしましょう。

 

アットベリー公式HPなら返金保証!

page top