肌の黒ずみは病気が隠れている可能性が!

肌の黒ずみは病気が原因?

 

病院

 

 

ふとした時に気がつく肌の黒ずみ、あまり身に覚えがない時はどうして?と不思議になることも多いものです。

 

ただ肌の黒ずみといえば、あまりよく洗えていなかった?もしかして知らない間に擦れていた?など様々な原因も頭によぎることでしょう。

 

ですが肌の黒ずみというのは必ずしも外部からの刺激などが原因というわけではありません。

 

実は病気が原因で肌がくろずむ場合もあるのです。

 

病気の原因とは様々なものがありますが、その病気にかかることによって個人差があるのですが肌が黒ずむ場合もあるのです。

 

一般的にデリケートゾーンや肘や膝などは黒ずみやすいもので、外部からの刺激により黒ずんでしまいます。

 

ですが実はそれは外部からの刺激だけではない場合もあるので、決めつけないようにしましょう。

 

内臓の疾患、がんなど様々な原因でも肌は黒ずむ場合があります。

 

また黒ずみが出る場所も様々なので、おなじみの場所が黒ずんでいても、必ず他にも原因がないかなど、体調なども合わせて考慮していきましょう。

 

また黒ずみにも様々な種類があります。

 

黒ずみができた時にはまず観察し、そしてかゆみや硬さなどもチェックしておくと良いですね。

 

いつもと違う、今までできたことがない、などおかしいと感じた時は病院へ行くようにしましょう。

 

 

 

 

 

肌が黒ずむ部分

 

 

肌の黒ずみというのは、よく女性のお悩みでも耳にしたりすることがありますが、できる部分というのはそれぞれですよね。

 

ただ体の一部分というイメージもあるのですが、実は黒ずみはどこにでもできる可能性があります。

 

まず一番できやすいのがデリケートゾーンです。

 

デリケートゾーンはムダ毛の自己処理や下着の擦れによりできてしまうことが多いためよく耳にしたことがある部分です。

 

また肘や膝などもよく黒ずみで悩んでいる方も多いですよね。

 

デリケートゾーンや肘・膝はよく知られている部分ですが、実はこれ以外にも体に黒ずみができる部分があるのです。

 

それが、首の後ろ・陰部や鼠蹊部・股・脇の下、他にも頬など顔にもできる場合があるのです。

 

このように定番で必ずできる場所がある、というのは言い切れません。

 

病気が原因でも皮膚ガンなどであればどこにできるかわからず、全身に疑いもかかるでしょう。

 

他にも皮膚炎などを発症していれば関節の内側にできることもあります。

 

原因によって出てくる部分は様々ですが、可能性としては全身そこにでもできるとも考えられます。

 

大きければ気がつきますが、そうでなければ見落として大きな病気を見逃す場合もあるでしょう。

 

できれば月に数回は全身のボディチェックを行い、肌に黒ずみができていないか確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

病気が原因の黒ずみとその理由

 

 

肌の黒ずみといえば原因は主にムダ毛の事故処理などが考えられていましたが、実はそうでない部分にできた時には病気の可能性もあるので注意が必要となります。

 

ですがあまりよく知られていない病気による肌の黒ずみ、一体どんな病気が原因で起こっているのでしょうか。

 

まず病気が原因の肌の黒ずみにはたくさんの種類があります。

 

一つは副腎の機能が低下したことで起こる病気のアジソン病という病気です。

 

アジソン病はメラニン色素を生成する場合があるため、顔や手が黒ずむことがあります。

 

また肥満の方にも多く見られる頬の黒ずみはインスリンが血中に異常に高いことが原因で、異常に皮膚細胞が増殖し黒ずむことがあります。

 

食べ過ぎにより血中インスリン濃度が上がることが原因となります。

 

糖尿病の方も血管障害や神経障害を患うため、足の小さな外傷や感染症により壊疽する場合がありそのために足の肌が黒ずむこともあります。

 

また肝機能の低下や腎機能の低下により代謝が落ちてしまい老廃物がたまることで皮膚が黒ずむ場合もあります。

 

肌の黒ずみにはこのように内臓機能の低下だけではなく、ホルモン異常などでも起こる場合があるのです。

 

病気でも肌に変化を起こす可能性があるので、肌の黒ずみには注意しておくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

原因が分からない場合は病院で診察

 

 

肌の黒ずみを見つけても、それがなぜできたのか、どのようにしてできてしまったのかを知らなければ対処することができません。

 

ですが時には見ただけではわからない場合もあるでしょう。

 

ネットなどでも確認することはできませんが、その通りの症状であるかは疑問も残る場合があります。

 

ですがこれはあくまでも個人判断となります。

 

素人がネットで判断したとしても、もしかしたら意外な病気である可能性もあるのです。

 

原因がわからない、心当たりが見つからないという時には必ず病院へ行くことが一番安全な方法です。

 

肌の黒ずみといっても命に関わるものもあります。

 

自己判断で治療しても悪化してしまえば、その時間を治療に当てることができたはずです。

 

まずは必ず病院へ行きましょう。

 

また病院でもどの診療科に行けばわからない、もしくは体の不調が感じられないという場合には、まず皮膚科に行ってみましょう。

 

明らかに体調がおかしい場合は内科にかかり、皮膚の異常もあることを伝えてみると良いでしょう。

 

原因がわからないからと行って放置もよくありませんし、下手にクリームや塗り薬など使用しないようにしましょう。

 

特に糖尿による壊疽は緊急性も高いのですぐに病院へ行きましょう。

 

安心するためにもまずは病院で、きちんと診察を受けましょう。

 

アットベリー公式HPなら返金保証!