脇のブツブツの正体は?

脇のぶつぶつが目立つ!その正体は何?

 

脇

女性はプールや海水浴などの季節になると脇のぶつぶつが気になってしまいますよね。

 

ただでさえ脇のムダ毛処理で面倒なのに脇にぶつぶつができてしまったら楽しく過ごせなくなってしまうでしょう。

 

そんな脇にできるぶつぶつは何となくぶつぶつができてしまったと軽く考えている人もいるかもしれません。

 

それに、脇のぶつぶつが一体何なのかを知らない人もいるのではないでしょうか。

 

では、脇の目立つぶつぶつの正体は何でしょうか?

 

それは、毛穴に詰まった古い角質や汚れ、皮脂や埋没毛などが挙げられます。

 

肌にカミソリなどの刺激があるとターンオーバーが乱れて古い角質が剥がれ落ちなくなり、それが毛穴に詰まってぶつぶつになってしまいます。

 

肌が乾燥することでも同じようなことが言え、放っておくと角栓になって最悪の場合は色素沈着を起こしてしまいます。

 

それに、脇のムダ毛処理を間違った方法で行ってしまうと、皮膚の下にムダ毛が埋まってしまう埋没毛や雑菌が侵入して毛皮炎を起こしてぶつぶつになってしまうこともあります。

 

このようなことからも分かるように、脇のぶつぶつは毛穴に詰まっている皮脂や古い角質などですので、恥ずかしい思いをしないためにもしっかりケアしていきましょう。

 

 

黒く見えるぶつぶつの正体と治し方

 

キャミソールやタンクトップを着ると脇のぶつぶつが気になってしまうでしょう。

 

特に黒く見えるぶつぶつは目立ちますので、薄着になる季節が来る前に治しておきたいものです。

 

では、脇にできる黒いぶつぶつの正体は何でしょうか?

 

それは、脱毛による黒ずみや毛穴に詰まっている皮脂、古い角質などです。

 

カミソリでムダ毛処理をすると皮膚へダメージを与えてしまい、防御反応が起こって皮脂を過剰分泌させてしまいます。

 

その皮脂が毛穴に詰まってぶつぶつになることもあれば、乾燥によって肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が剥がれ落ちにくくなって残ると黒く見えるぶつぶつになってしまいます。

 

ですので、脇のムダ毛処理は肌にダメージが少ない方法で行わなければいけません。

 

また、黒く見えるぶつぶつは毛孔性苔癬の可能性も考えられます。

 

毛孔性苔癬は毛孔角化症とも呼ばれる皮膚疾患の一つで、ザラザラした黒いぶつぶつができてしまいます。

 

この他には一時的なぶつぶつとして虫刺されやダニなどもあります。

 

こうした黒く見えるぶつぶつは、毎日しっかりお風呂に入って清潔にし、ケアアイテムを使用していくと治すことができます。

 

ムダ毛処理に気を付けながら正しいケア方法で治していきましょう。

 

 

白く見えるぶつぶつの正体と治し方

 

脇に黒いぶつぶつができてガッカリする人は多くいるでしょうが、白いぶつぶつができるとガッカリするのではなく驚くのではないでしょうか。

 

普段、黒いぶつぶつは見ますが白いぶつぶつは滅多に見ることがありません。

 

では、白く見えるぶつぶつの正体は何でしょうか?

 

それは、皮脂やアポクリン腺から分泌されたタンパク質などが毛穴に詰まって白くなっているのです。

 

脇の下にはアポクリン腺がたくさんありますので、皮脂やタンパク質などがたくさん分泌されます。

 

それが毛穴に詰まって粉瘤という白いぶつぶつになり、潰したり絞ったりするとニュルニュルしたものが飛び出てきます。

 

こうした白く見えるぶつぶつは放っておいても治りませんので何とかしなければいけません。

 

では、白く見えるぶつぶつの治し方は何でしょうか?

 

白く見えるぶつぶつの治し方は、潰さないようにしながら優しく洗って毛穴の汚れを取り除き、最後は肌が乾燥しないように保湿してあげることです。

 

肌が乾燥すると皮脂が過剰分泌を引き起こして毛穴に詰まってしまうからです。

 

こうしたことからも分かるように、白く見えるぶつぶつは皮脂やタンパク質などですので、優しく洗って清潔を保ちながら乾燥させないように保湿してあげましょう。

 

アットベリー公式HPなら返金保証!